FX取引きでの心構え

FX取引では、刻々と変動していく為替相場のレート変動を相手に、利益と損失を考えながら新規注文や決済注文を行っていくために、冷静は何弾をもって取引を行うことは、非常に難しいといえるでしょう。

FXで投資を行い資産を運用している投資家は大勢いますが、その中で資産運用として足るだけの利益を上げている投資家がいる反面、資産が増減を繰り返しながら現状維持であったり、少しずつ減っていったり、また、もうすでに資産を使い果たしてしまい、FXの場から去った、という投資家もいることと思います。

このように、FX取引とは、売り注文と買い注文、取引きを始める新規の発注と、取引きを終了する決済の発注と、二種類の注文を2つのタイミングで行うだけの、実に新王ルな投資取引であるにもかかわらず、そこからは実に複雑な結果を呼び寄せるのです。

こうした状況下で取引きを繰り返して行い、資産を増やしていくためには「利大損小」をしっかりと考えて、目の前の取引きの成功ではなく、長いスパンで利益を出していくことを意識していく必要があるのです。

しかしながら、人間には基本的にものを守り身を守るという本能があるために、FXでの取引きではどうしても「利小損大」になりがちになります。
不確定な利益を目の前にすると、それをすぐに確定して現実のものにしたいと思うようになり、不確定な損失を目の前にすると、それを回避してやり過ごそうと思うのです。

FX取引きに置き換えれば、保持している通貨に利益が生まれれば、為替レートの変動でこれが失われるのではないかと、充分にこれを待って大きくすることをせずに、すぐに決済をしてしまい、また、保持している通貨に損失が生まれれば、為替レートの変動でこの損失は回避されて小さくなるか利益に代わるのではないかと、これを早めに決済して被害を最小限に抑えることをせずに、取り返しのつかない損失になるまで待ち続けるのです。

こうしたジレンマによって、FXでの取引きでは利大損小の投資を行うことが非常に難しいのです。

しかしながら、こうしたことを解決する方法があり、それがシステムトレードになります。
システムトレードとは、投資を行うために必要な取引開始の為替レートや、決済の条件、損切りの数値などの一連の事柄を、取引きを行う前にすべて決めておき、実際に取引を行う際には、為替レートの変動に惑わされることなく、あらかじめ決められたルールにだけ従って投資取引を行う手法になります。

これを繰り返し行い、何回かの取引きの結果を見て数値やルールの組み直しを行い、修正を施していきながら投資を続けていくのです。
こうしていくことにより、取引き中は無理な判断が必要になくなるために、ストレスや精神的な負担が大きく軽減され、また、投資戦略は冷静な状態で組み上げるために、判断ミスなどが起こらなくなるのです。

このようなシステムトレードは、昔から行われていましたが、近年では多くの取引きがパソコンなどとインターネットを介して行われるようになったために、こうしたシステムトレードを取引プラットフォームにプログラムとして組み入れた、自動システムトレードが主流になっています。

自動システムトレードであれば、人間のジレンマもなく、また投資家がほかの事をしている間にも取引を行ってくれるために、その負担も大きく軽減してくれます。
現在では、多くの取引業者がこうした自動システムトレードや、従来の組合せ注文をさらに繰り返して行う仕組み注文などでの自動取引を行っていますので、こうしたものを利用することも、投資取引の手段の一つとなるでしょう。